早期治療がカギ

the medicine boxes

性感染症のクラミジアは、症状の重さに個人差があります。つまり感染していることをハッキリと自覚できる人がいる一方で、単なる「気のせい」で片づけてしまう人も少なくないということです。「気のせい」で片づけているうちに体内で着々と細菌がその勢力を強め、次に誰かと性行為をしたときに相手に感染させてしまう……このようにして、クラミジアは今、蔓延と言っていいレベルで広まっているのです。
感染してしまったとしてもクラビットという強力な抗生物質が治療薬になってくれます。「治らないんじゃないだろうか……」などと不安に思って目をそむけることなく、しっかりと治療していきましょう。クラビットを服用するのが早ければ早いほど、それだけクラミジアを早く完治させることができます。

クラミジアの具体的な症状としては、男女で違いがあります。
女性はより自覚症状が少ないケースが多いので注意が必要です。下半身の違和感、特に性器周辺にときどきズシッとした痛みが走るというときは要注意です。おりものの増加や不正出血なども、クラミジアの代表的な症状として知られています。
男性の場合は、女性よりは自覚症状が出やすいですがこれも重さに違いがあります。自覚症状が出にくい人の場合は「尿道がちょっとムズムズする感じ」しか感じません。一方、症状がハッキリ出る体質の人は、おしっこをするたびに尿道が焼けるように痛むという激しい症状が出ます。
性行為のあとに、性器の見た目や感覚がそれまでと違う感じになる……そのときは、確実に何かが起こっていると考える必要があります。クラミジアが蔓延している今なら、真っ先に疑うべきはクラミジアの感染です。病院で、通販でクラビットを入手して、しっかり治していきましょう。