副作用が少ない薬

the colorful pills

クラビットは、性感染症の治療にあたってくれる泌尿器科でも処方薬のひとつとしてよく出されている抗生物質です。医薬品の通販サイト(海外製の薬を処方箋なしで買えるサイト)でも人気商品となっています。クラビットがこのように人気を得ている理由のひとつは、副作用が少ないというところにあります。
抗生物質は細菌を死滅させて感染症を治療するかたわら、人体に対して少なからず負担をかけてしまうことがあります。しかしクラビットの場合は、人体に強いる負担が少ないので、その分だけ軽い副作用で済むのです。人によっては、まったく副作用が出ないという場合もあります。
副作用としては、主に「じんましん」や「下痢」などが見られます。特に「下痢」はよく報告されている副作用です。クラビットがクラミジア菌などの悪性の細菌を攻撃するだけにとどまらず、人と共生している腸内菌なども攻撃してしまうことから、腸内環境のバランスが崩れて下痢が起こってしまう、ことがあります。
ほとんどは軽微なものですが、ふだんから胃腸が弱いという人にとってはちょっとつらい副作用になってしまうかもしれません。気になる人は整腸剤を一緒に飲んで副作用が出るのを防ぎましょう。
泌尿器科の病院では、相談すれば整腸剤も一緒に処方してくれるところがあります。
自分で通販を利用して買う場合でも、市販の整腸剤で充分に副作用を予防できるので、ぜひチェックしてみてください。