細胞のDNA複製を阻害

a girl with blister packs

抗生物質は、ペニシリン以来さまざまな物が発見されており、細菌感染症の治療薬として用いられてきました。ペニシリンが発見されるまで、人類は細菌という存在に対してほとんど無力だったわけですが、ここに強力な武器を得たのです。人類の発明の中でも、最も偉大なもののひとつと言っていいでしょう。
クラビットは「Crave」つまり「切望されたモノ」という言葉から名づけられた薬です。細菌の数は多く、ペニシリンでは歯が立たないモノもしっかり死滅させることができる、ペニシリンで治せない細菌感染症も治すことができる、そういう意味で「切望された抗生物質」だったのです。クラミジアもまた、ペニシリンでは完治させることが難しい病気でした。

抗生物質が細菌を死滅させるためにとる手段は、それぞれ異なります。ある抗生物質は細胞の生存に欠かせないタンパク質を細胞から取り上げ、いわば餓死に追いやって死滅させます。
一方、クラビットは主成分となっているレボフロキサシン水和物の働きで細胞のDNA複製を阻害して、繁殖を防ぐという方法で細菌に対峙します。
細菌は細胞分裂を繰り返してその数を増やし、感染症の症状を悪化させていく病原体です。自らを複製してどんどん死んでいき、新しいやつが増えて人体に害をなすのです。クラビットは、細菌のそんな性質に目をつけた抗生物質でした。細菌の繁殖を防ぎ、細菌の群れが最終的に死に至るように仕向けるわけです。
クラビットを毎日服用することで続々と新しいレボフロキサシン水和物が入って細胞に攻撃を加え、最終的には細菌の数をゼロにして病気を治療してくれます。